ジャナルの旅行備忘録

会社員が短い休みで色んな所に行きます

ウラジオストク3日目③ エアメール成功編(ロシア郵便局にて)

博物館を後にし、休憩とエアメールの準備にいったん宿へ帰る。

宿へ帰ると、パキスタン人のおじさんが仕事をしていた。

「おかえり、どこ行ってたの?」と言って、食べていたお菓子を私にくれた。

f:id:janal_travel:20191013011437j:plain

ひと袋くれた

お菓子を食べながら今日のルートを簡単に説明すると、いいね~とニコニコ聞いてくれた。優しい。

そうして話していると、ところで・・・とおじさんから質問が出た。

「今日本の会社とメールのやり取りしてるんだけど、返信が来ないんだよ。なんでかな?」とのこと。

日本はお盆休みの真っただ中なので無理もない。

ウィキペディアの「Bon Festival」ページを見せると納得してくれた。

 

おじさんはお茶入れてあげる、と言って準備を始めたので、こちらはエアメールの準備を始める。

 

ロシアの郵便事情はとにかく評判が悪い。

荷物はおろか、はがきが届かないことも珍しくない。

出す以上は失敗したくない・・・ということで、先人たちの記録を読み、郵便局の窓口で対応してもらうことにした。(街中のポスト投函はNGで)

 

住所を書いているとおじさんが戻ってきたので、失敗したくない私はおじさんにロシア語で「日本(Япония)」と書いてもらった。

f:id:janal_travel:20191013012917j:plain

ロシアより愛を込めて・・・

淹れてもらったお茶を頂きながら、最寄の郵便局について確認をして、念のためロシア語の発音も教えてもらい準備万端。

 

中央広場前のホステルからグム方面に歩いて、女性の銅像がある階段のすぐ横にある郵便局へ。

f:id:janal_travel:20191013013858j:plain

観光本でたびたび見かける

 

f:id:janal_travel:20191013012312j:plain

入口は写真左側の建物の白い扉

この青い看板のある建物が郵便局の窓口なのだと思い中に入ると、なにか様子が違う。こちらは本当にofficeのほうだったようだ。

はてなマークを浮かべていると、職員がだるそうに隣のドアの方だよ、と教えてくれた。

中に入ると窓口があったが、はがきの受付はそこではなく、入ってすぐ左手にある青い机での対応らしい。

机にいるお姉さんにはがきを渡して、おじさんが書いてくれたЯпонияの文字を指差すと分かってくれて、金額を示してくれた。

f:id:janal_travel:20191013012244j:plain

職員さんがはがきに切手を貼ってくれる

 

エアメール1通で43ルーブルだった(約90円)。

切手を貼り終え会計が済むと、局内の青いポストに投函するよう指示があったので、無事に届きますように、と祈って投函した。

f:id:janal_travel:20191013012230j:plain

ドキドキしながら投函

 

かくして、初めてのロシア郵便局利用は無事に終わった。

 

エアメールは投函から約10日後に無事に自宅に届いたので、大成功だった。

 

ちなみに、ウラジオストクの空港には郵便局がないので、エアメールを出したければ滞在中に街中の郵便局に行く必要があるので注意。(2018年8月時点)

ウラジオストク3日目② 市内散策(ウスペーニア教会・ニコライ2世凱旋門・ウラジオストク市博物館)

ケーブルカー山頂駅から歩いて金角湾大橋のたもとにあるウスペーニア教会を見学。

誰もいなかったので、ひとつ前に見学した教会で教えてもらった通りにスカーフを巻いて中へ入る。

f:id:janal_travel:20191012234345j:plain

緑の屋根が美しいウスペーニア教会

中は白と金を基調としてたシンプルな内装で、入口にはスカーフのない人のために貸し出しのボックスが設置されていた。

f:id:janal_travel:20191012235018j:plain

入口のスカーフボックス

頭を覆うばかりではなく、露出が気になる格好の場合にはスカートのように巻いたりするようだ。

イコノスタシスが美しかった。

 

少し歩いて、金角湾にほど近いニコライ二世凱旋門に移動。途中で外壁にレリーフのある館を見かけたが、政府関係機関の建物ということ以外はわからなかった。趣のある良い建物。

f:id:janal_travel:20191013000156j:plain

レリーフの入った壁面のある建物

 

 

f:id:janal_travel:20191013000941j:plain

ニコライ二世凱旋門

ニコライ二世の訪問を記念して作られた門。皇子は大津事件に遭った後ウラジオストクに来ているので、どんな気持ちで滞在したのだろうか・・・。

なお、当時のものはロシア革命時に破壊されており、現在の物は2003年に復元された門である。

門の辺りは海に面した広場になっており、観光客だけでなく地元の人も多い。

 

 

f:id:janal_travel:20191013002948j:plain

ウラジオストク市博物館

凱旋門近くにあるウラジオストク市博物館。ウラジオストクの歴史について展示している。

最上階まで行くと、ソ連時代の家庭生活を再現した部屋があるのだが・・・

f:id:janal_travel:20191013002912j:plain

入口からの眺め。ここからすでにちょっと怖い。

f:id:janal_travel:20191013002923j:plain

生活を模しているのに、無機質で寂しさを感じる。

f:id:janal_travel:20191013002933j:plain

一番怖かった子供部屋

後ろを向いた瞬間人形が動き出すのではないかと震えていた。

 

博物館の屋根裏部分を使っているからか、それとも絶妙な照明のせいなのか、とにかく怖くて終始ビクビクしていた。

 

f:id:janal_travel:20191013005155j:plain

写真と触るのはOK

展示品は触ってもOKで、クローゼットを開けてみると中にはちゃんと毛皮のコートも入っていたりしてとても面白い。

f:id:janal_travel:20191013005459j:plain

洋服の入ったクローゼット

f:id:janal_travel:20191013005643j:plain

スキー板もあった


実際に触ることのできる展示をしているところは少ないのではないだろうか。貴重な経験だと思う。

入口にはコメントを残せるノートが設置されているので、今後もより良い展示をして貰えるよう一言残すことをおすすめしたい。

 

 

 

ウラジオストク3日目① 市内散策(キタイスキー市場・ケーブルカー・教会)

f:id:janal_travel:20190228214643j:plain

昨晩のスーパーで買った果物とレッドブル

夜更かしが祟って疲労も溜まってきたので、気合を入れてレッドブルを飲む朝。

手早く済ませて市場へと出発する。

f:id:janal_travel:20190228215012j:plain

宿の目の前、中央広場から出ているバスにいざ乗車。

バスは一律2ルーブルなので、小銭が必須。ただ、10ルーブル位なら運転手さんがお釣りをくれるのでそんなにビビらなくてもOK。(台湾ではお釣りをくれなくて、泣きながら近くのコンビニまで行って崩してから支払った思い出)

GPSをオンにして、市場に一番近いバス停で適当に降りる。市場の目の前に止まるわけではないので、少々地図と格闘しながら歩いていく。

f:id:janal_travel:20190228221005j:plain

空港とかで見るパタパタ式の広告。日本ではまず見ないね・・・

 雨もちらつき、とぼとぼ歩いていくと路面電車の停留所が見えてきた。

これが見えればもう間近。

f:id:janal_travel:20190228221000j:plain

イカした外観の路面電車ウラジオストクに残るのはこの1路線のみ。

f:id:janal_travel:20190228220952j:plain

キタイスキー市場の入り口

f:id:janal_travel:20190228220945j:plain

市場内。雨のせいかやってる店も少ないのが残念・・・

f:id:janal_travel:20190228220936j:plain

 

市場内をぷらぷらしていると

 

猫!!

 

やっぱり居たか!

f:id:janal_travel:20190228220925j:plain

お肉屋さんの前でおこぼれにあずろうとお客さんにすり寄って媚を売っている猫さん。

f:id:janal_travel:20190228220930j:plain

 

追い払われてもめげない。

 

雨で市場も半ば開店休業といった体なので、食料品店の店先で売っていたピンバッジを購入して早めに退散。

f:id:janal_travel:20190228223104j:plain

赤いピンバッジが多いが、よく見るとファンシーな物も結構ある

 

f:id:janal_travel:20190417225209j:plain

1974年の新潟ソ連の友好バッジ

固すぎる握手を交わすこのバッジに心をつかまれ購入、70ルーブル位だった。

 

市場前の路面電車に乗り込み、運転手のおばちゃんに「ルガバヤ?(の市場方面ですか?)」と聞くと「ダー(そやで)」とのことなので乗車。

f:id:janal_travel:20190417230205j:plain

乗ってきた路面電車。中には乗車券係のおばちゃんが別にいて、その人に16ルーブル払う。

f:id:janal_travel:20190417230459j:plain

ルガバヤ市場もいまいち店舗の営業率が悪く、ちょっとふらふらして移動。

f:id:janal_travel:20190417231538j:plain

ルガバヤ市場停留所前

繁華街方面に向かうバスを途中下車、ケーブルカーに乗りに行く。

f:id:janal_travel:20190417231546j:plain

ケーブルカー横の教会には戦争の慰霊碑が。

f:id:janal_travel:20190417231542j:plain

チャソヴニャ・スヴャトイ・タチヤニ教会。入口に居るのは・・・

ケーブルカーを目指して歩いていると、戦争の慰霊碑とこぢんまりとした教会が見えてきた。

教会周りの手入れをしているお兄さんに挨拶して建物に近づくと、可愛らしい看板猫が。

f:id:janal_travel:20190417235844j:plain

f:id:janal_travel:20190417235850j:plain

こちらが近づくとあちらも近づいてきて、あっという間にごろん

とても人懐こく、愛されているのが分かる。

しばらく彼(彼女?)と遊んだ後、教会の中へ。入ってみたは良いけど、どうするのが正解なのかいまいち分からないな、と思いつつお供えの蝋燭を一本買うと、案内の方がお参りの仕方を教えてくれた。

スカーフはこんな感じに巻いて、蝋燭は火を点けたあとお尻を少し炙ればしっかり立つよ、そうしたらこうやって十字架を切って・・・言葉は分からずとも、身振り手振りで親切に教えてくれた。

 

観光客も滅多に来ないようで、静かに教会美術を鑑賞できた。

 

何度もお礼を言って外に出ると、庭仕事を続けていたお兄さんがこちらをみてニコッと微笑んでくれた。

f:id:janal_travel:20190418005644j:plain

麓側のケーブルカー駅

 

すぐ隣にあるケーブルカーの駅に移動。ちょうど発車した後だったので次の便を待つ。

f:id:janal_travel:20190418004319j:plain

鷲の巣展望台行きのケーブルカー

入口に徴収係のおばちゃんが座っているので、14ルーブルを支払って乗車。

f:id:janal_travel:20190418010047j:plain

乗車券。もともとは13ルーブルだった?

乗車賃を支払うと、ロール状に巻かれた乗車券をちぎって一枚くれる。

なんとなく無駄な作業な気がするけど、そこがまた良い。

f:id:janal_travel:20190418004327j:plain

ケーブルカー車内

f:id:janal_travel:20190418004323j:plain

ケーブルカーからの眺め

ぐんぐん昇っていくケーブルカーの窓に子供のように張り付いていた。

5分ほどで山頂駅へ到着。

f:id:janal_travel:20190418011456j:plain

山頂駅側の駅構内

ケーブルカーの駅はどちらも無機質でガランとしていたのが印象的だった。

夜動いていたらとても怖い感じだと思う。

f:id:janal_travel:20190418011453j:plain

山頂駅の入り口

なんとなくケーブルカーに乗りたい感じだったので、展望台へは行かずにとんぼ返りして、街歩き再開。

 

 

ウラジオストク2日目④ 夜散歩・スーパーマーケット・お宿

f:id:janal_travel:20190222225146j:plain

ロシアンアルファベットの考案者、聖キリルとメトディオスの像


鷲の巣展望台を満喫して、徒歩で街まで帰ることにした。

少しひんやりとした風が昂った気持ちを宥める。

f:id:janal_travel:20190222225328j:plain

あたりは暗くなり、橋に灯りが灯り始める

帰りは適当に下っていけば良いやと思い、夜の散歩がてらブラブラと歩くことにした。

f:id:janal_travel:20190222225136j:plain

街を見下ろすアムールスキー伯爵

アムールスキー伯爵の立つ広場では大きめのカエルがぴょんぴょん跳ねていて、ロシアの短い夏の息吹が感じられる。

f:id:janal_travel:20190222234123j:plain

壁面のライトアップがおしゃれなゴーリキー劇場(だったと思う)

丘を降りて街へ歩く途中で休憩がてらカフェに入ってみる。

f:id:janal_travel:20190222234622j:plain

f:id:janal_travel:20190222234631j:plain

カフェラテ 500円位だったかと思う。おしゃれなカフェは値段が高い。

味は特筆すべきこともなく普通に美味しかった。こういう新しめのカフェでも英語はあまり通じない。

 

f:id:janal_travel:20190227235043j:plain

夜の街。あまり明るくはない。

 

f:id:janal_travel:20190227235620j:plain

 

宿近くまで来て、せっかくだしスーパーで買い物することにして、24時間営業のスーパーフレッシュ25へ向かうことに。

f:id:janal_travel:20190227235947j:plain

f:id:janal_travel:20190228000220j:plain

店員さんに果物のおすすめを聞いてみる。果物の産地は旧ソ連圏の物が多かった。小さい桃みたいな果物を100g購入。

f:id:janal_travel:20190227235927j:plain

惣菜コーナーで指差しで注文した夕ご飯。計りを見ながらOK!てとこで止めてもらった。

これお肉がちと固かったけど結構おいしかった。

 

f:id:janal_travel:20190227235939j:plain

おしゃれなパッケージの牛乳も購入。

写りこんでいる裸足の通り、ロシアでは玄関で履物を脱ぐので、宿の中では内履きor裸足で過ごす。日本と同じなのでこれが結構リラックスできる。

 

f:id:janal_travel:20190227235914j:plain

f:id:janal_travel:20190227235909j:plain

シベリアのお兄ちゃんの夜食作成風景。包丁で缶詰を開け始めた!!

宿に帰るとおなじみのメンバーがリビングでのんびりしていて、シベリアのお兄ちゃんがおかえり~!とお出迎えしてくれた。

夕飯食べた?買ってきたの?でも俺夜食作るから少し食べてなよってな感じで缶詰を包丁でごりごり開けて、黒パンをカットしていく。

包丁で缶詰を開ける様にひええとビビり、隣にいたパキスタンおじさんに「やばくない?」て目くばせしたら肩をすくめて苦笑いしていた。よかった、ロシアスタンダードではないんだな。安心した。

味はツナっぽかった。黒パンはカサカサしてた。でもみんなで一緒に食べると不思議と美味しい。

 

それにしても宿へ帰ってから、お兄ちゃんは夜食の準備をはじめ、私の買って来た夕飯をレンジでチンし、ジュースを注いでくれていて至れり尽くせりすぎである。

f:id:janal_travel:20190227235920j:plain

シベリアの兄ちゃんが「良い企業の商品買ったね」と言っていたヨーグルト。少し高いだけあって濃厚で美味しかった。

夜食を食べながらみんなで談笑して、今日もまたあっという間に深夜2時を迎えたのだった。

 

ウラジオストク2日目③ 市内散策 鷲の巣展望台(徒歩で行く場合の注意)

カフェでおやつ休憩の後、天気が良くなってきたため急いで鷲の巣展望台へ向かうことに。

Googleマップを見ながら展望台方面へ歩いていると

 

道がない

 

いままで歩いてきた歩道がなくなってしまった。道路の反対側に行きたいが横断歩道も地下道もない。交通量も多くスピードも出ている。

街中まで引き返していては日の入りに間に合わない。もう目と鼻の先に展望台はあるのに・・・。

どうしたものかと悩んで天を仰ぐと、マンションの敷地に人の姿が見えた。

このチャンスを逃すものか、という一心で「こんちはー!!」と言いながら手を振って煙草をふかしているお兄ちゃんのところまで階段を駆け上る。

お兄ちゃんがどうしたの?とフレンドリーに接してくれたので、スマホの画面を指差してここに行きたいんだ、と言ってみる。

兄ちゃんはOKついてきて、と快く案内してくれたのだった。

f:id:janal_travel:20190220211912j:plain

頼もしいお兄ちゃんの背中

兄ちゃんは道路まで来ると、「俺と一緒に走るんだぞ」というジェスチャーをして、タイミングを見計らってダッシュ。自分もそれについて一気にダッシュして無事に道路を渡り切った。

渡った後、あっちの道じゃ展望台へは行けないんだよ~と教えてもらった。

 

赤線が間違った道のり

青線が正しい道のり

f:id:janal_travel:20190220213541j:plain

鷲の巣展望台への行き方(徒歩)

f:id:janal_travel:20190220214759j:plain

間違っていた道は完全に歩道が無くなり、展望台へ通じる歩道橋へ行くこともできない

f:id:janal_travel:20190220224712j:plain

地下道はラウンドアバウト内の広場を通って、展望台への歩道橋に通じる。画像右側にケーブルカーの駅、左側に歩道橋がある。

お兄ちゃんに最上級のスパシーバを贈り、固い握手を交わしてさようなら。

ケーブルカーの駅のすぐ横に地下道があり、ラウンドアバウトの下を通って、展望台へ通じる歩道橋へ来ることができホッと一安心。

f:id:janal_travel:20190220220521j:plain

鷲の巣展望台から見る金角湾大橋

 やってきてからずっと雨と曇りで、もう展望台からの眺めは諦めていたので、この時のテンションはmax。

自分の今いる街がこんなに綺麗なところなんだと知って、改めてうれしくなった。

f:id:janal_travel:20190220223012j:plain

ウラジオストクは日本の西に在りながら日本時間+1時間のため、夜8時でもご覧の明るさ

朝じゃないよ!

 

ここからたっぷり1時間あまり眺めを楽しんだのだった。

 

帰り際、上半身裸のロシアンボーイズに「なあ、今夜家に泊めてくれよ!コイツ家ないんだ!」と絡まれ、「外国人のこっちの方が家泊めてほしいんだけど!?」という話で軽く盛り上がり、お互いの幸運を祈ってさよならした。

ロシアという未知の国に対する心の緊張みたいなものが、ここでやっと解けてきたのを実感した。

 

 

 

ウラジオストク2日目② 市内散策(美術館・スカーフ店・カフェ)

 

 

腹ごしらえを終えて駅の近くにある沿海州立美術館へ移動する。

f:id:janal_travel:20190128230156j:plain

沿海州立美術館の入り口。大変分かりにくい。

一回通り過ぎてしまった。

f:id:janal_travel:20190219220110j:plain

リュックや大きな荷物などはB1にある無料ロッカーに預けるように受付で言われる。
 美術館は日本の物と比べると小さく、30分ほどで一通り鑑賞することができた。

 

美術館を後にしてお土産と実用の為のプラトークを買いにイズムルド・プラザ内にある店まで移動。

f:id:janal_travel:20190219232544j:plain

f:id:janal_travel:20190219232556j:plain

パヴラヴァパサッツカヤ・プラトーチナヤ・マヌファクトゥーラ モスクワの老舗工場直営店。種類も多く、店員さんも大変親切でした。カード可(VISAで確認)

スカーフ店はイズムルド・プラザの2階の奥の方にある。

気になったスカーフは指差せば手元に持ってきてくれる。部屋に飾る用に大きくて派手なプラトークが欲しかったので1枚買ったが、「大きいのは使いづらいよ」と言っていたような気がする。

実用サイズのプラトークを自分用と土産用に買い、目的達成。

 

 

スカーフを買い終え、ヴィシュネーブニー・サドへ移動しておやつタイム。

f:id:janal_travel:20190219214940j:plain

見た目の可愛らしさで即決した人参ケーキ。味は人参ではなかった。

 

f:id:janal_travel:20190219215016j:plain

お店の看板猫

f:id:janal_travel:20190219215136j:plain

お店の外観

糖分を補給していると天気も幾分かよくなってきたので、ウラジオストクを一望できる鷲の巣展望台へ移動することにした。

 

夏のウラジオストクでボルシチを食べる方法

 ボルシチは冬のスープ、夏のウラジオストクで見つけるのは困難。

でもせっかくロシアに来たのだしボルシチが食べたい。

ロシア=ボルシチといっても過言ではない名物、かならずどこかで売っているはず。

 

観光客が集まっていて食堂があるところ・・・

 

 ウラジオストク駅だ。

f:id:janal_travel:20181210233548j:plain

おなじみのウラジオストク

f:id:janal_travel:20181210232508j:plain

ボルシチ パン ヴィネグレート(サラダ) 蜜味の飲料



翌日再度駅の食堂に行ってみるとやっぱりボルシチがあった。昨日はまわりのお客さんが頼んでいないので気が付かなかった。

指差しでボルシチを注文して、300円ほどの軽食に。

うまい、これはボルシチだ・・・日本のトマトスープみたいなボルシチと違ってビーツの甘みを感じ感動。サワークリームをもらい忘れたので受け取りに行ったらすぐ渡してくれたので別料金ではないようだ。

f:id:janal_travel:20181210232736j:plain

カウンターの真ん中にある黒い鍋にボルシチが入っていたよ

 

ここまで書いてようやく飲料がモルスであることが分かったのだった。

果物と砂糖と水で出来た飲み物なので「蜜の味」というのは遠くはないが、なんの果物だったのかはいまだにわからない。

ロシアの人食事でも甘いもの飲んでてすごい甘党。

 

結局この旅の中でボルシチを食べられたのはウラジオストク駅のスタローバヤだけだった。

空港の食堂にもなかったので貴重なボルシチスポット。